What’s in my Chérize pouch?|seika(director)

“What’s in my Chérize pouch”では、Chérizeスタッフが普段持ち歩いている一推しアイテムをご紹介。

長年愛用しているアイテムから、最近ゲットしたトレンドアイテムまで要チェックです。

初回となる今回は、ディレクター seikaのポーチの中身をレポートいたします。

姉妹ブランド「RANDEBOO(ランデブー)」ディレクター兼モデルも務める彼女の、一推しアイテムとそのこだわりとは……。

ブランドディレクターという職業上、打ち合わせで人と話す機会が多い彼女。メイクはやりすぎた印象にならないよう、自然な美しさを引き出すアイテムをチョイス。

ポーチはChérize multi pouch(beige)。クラシカルなベージュとゴールドの色味が、どんなシーンにも馴染むためお気に入りだそう。

ー FRAGRANCE ー

ローズの優しさとゼラニウムの爽やかさ香る「uka nail oil 18:30」。誕生日にファンの方からいただいてから、愛用しているのだとか。

「持ち歩いている理由は、リラックスできる香りだから。仕事で行き詰まった時につけて、気持ちを切り替えています。」

ー BASE ITEM ー

普段のメイク直しは清潔感を意識して、ベースメイクにこだわっているそう。

「ハイライトはTHREEのパウダーアイシャドウ(SHE SHINES)を愛用中。イニスフリーのミニアイシャドウブラシで細かい部分にもつけると、自然に仕上がりおすすめです。

ナチュラグラッセのコンシーラーも長年使っていて、日焼け止めなどとライン使いしています。」

ー EYES ー

まつ毛パーマをしているため、普段まつ毛はそのままという彼女。仕事終わりのディナーなど、気分をあげたい時はマスカラがお決まり。

「黒のマスカラだとキツイ印象になるので、WHOMEEのロング&カールマスカラ(チョコブラウン)を使用しています。髪色とも似ていて自然な仕上がりなのに、しっかり長く濃くしてくれるんです。」

ー LIP ー

最近は毎日愛用中だという、Chérizeの「#1 Cassis Pink」。オフィスでもプライベートでも頼りにしているそう。

「ピンクなのに落ち着いた色味でお気に入り。保湿力も色持ちも十分ですが、ご飯後や撮影前のために持ち歩いています。」