オフィスメイクはリップで決まる。3つの選び方とおすすめルージュ

きつい印象にならないようにアイメイクは控えめに……。悪目立ちしないようにベーシックカラーを選んで……。

好感度を意識するあまり、オフィスメイクは地味になりがち。

メイク一つで気分が変わるというのに、いつのまにか作業のように、オフィスメイクをこなしていませんか。

オフィスメイクの鍵はリップ

オフィスメイクに華を添えるポイントは、実はリップに。

唯一明るいカラーが許されるリップメイクは、派手な印象を避けたいオフィスにおいて、お顔の印象の肝となります。

そこで以下では、他と差がつくオフィスリップのポイントを、3つピックアップ。オフィスメイクの参考にしてみてください。

オフィスリップのポイント3つ

①色味

オフィスリップは主張の少ないベージュが一般的ですが、ピンクベージュやカシスピンクなどで深みを出すのがおすすめ。

青みの少ない深いピンクは、どこかセンシュアルでスマート。

しっかりと唇の存在を感じさせつつも、肌に馴染み悪目立ちしません。

 

②艶感

艶々な唇はあざとすぎるし、マット系はモードでカジュアルすぎる印象に。

質感は程よいセミマットにこだわると、より好印象に仕上がります。

 

また、オフィスの乾燥を防ぐためにも、程よい艶感はマストポイント。

常に唇に潤いを閉じ込めて、女性らしさを感じさせて。

 

③色持ち

勤務中に何度もリップを塗り直していると、集中力が無いと思われることも。

周りに悪い印象を与えないように、オフィスリップは色持ちの良いものがベター。

 

また、肌馴染みの悪いリップは少し色落ちしただけで、目立ってしまいます。

肌馴染みの良いリップを選んで、少しの色落ちも気にしないスマートな振る舞いを。

ポイント抑えたChérizeリップ

ご紹介した3つのポイントを抑えたリップの1つが、Chérizeの【#1 Cassis Pink】

甘すぎず真のあるピンクで、どんな肌色の人にもマッチします。

 

セミマットの質感は、光をぐっと閉じ込めたような品のある唇を演出。

すっと唇に溶け込み色持ちも抜群です。

 

ブラック&ゴールドの無駄のないパッケージも、オフィスリップに重宝するポイント。

オフィスリップとして取り入れたら、いつもより少し仕事も捗るはず。

メイクを武器に、毎日を

以上、オフィスリップのポイントをご紹介しました。

 

メイクは女性ならではの武器。控えめなオフィスメイクに満足し、誰の目にも止まらないのはもったいない。

オフィスで浮かなくとも女性らしさ引き出す上品リップをゲットして、日々のお仕事をお楽しみください。

 

【#1 Cassis Pink】はこちらから